スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定(5)-デスクトップの設定

設定(4)までで、システム内の設定をしてきました。

続いて、デスクトップの表示を少しいじります。


これは設定(4)までと違ってまったく個人的な趣味の領域なので、自身のGUI環境に満足していれば必要ありません。

が、こんな設定もあるよ、程度に紹介だけしておきます。



【パネルの編集】

初期設定ではデスクトップ上下にそれぞれパネルが表示されていますね。

個人的に、これがどうにも狭苦しい感じがしてしまうので、下に統一してしまいます。


1. 上のパネルを削除

上側にあるパネルの上で右クリックし、「このパネルを削除する」を選択。


2. 下のパネルに必要な機能を追加

パネル上で右クリック、パネルへ追加から以下を追加してみます。

(i) システムモニタ
-->リソースの利用状況を表示します。設定画面でCPU, メモリ, ネットワークを有効にしておくと便利です。

(ii) ウィンドウの一覧
-->上側パネルにあった機能です。

(iii) ワークスペース切り換え器
-->ワークスペースの切換に使います。Ctrl + ALT + 矢印でワークスペースを切り替えられます。慣れてくるとWindowsにも欲しくなる機能の一つ。



【テーマの変更】

GNOMEの外観はユーザの好みに合わせて自由に変更する事が出来ます。

外観の設定にあるデフォルトのテーマを利用してもいいですが、自分好みのテーマをインストールしてやると、Linuxを起動するのがちょっと楽しくなります。

今回はGNOME-Look.orgというサイトからダウンロードしてきます。

使用するのはNimbusというテーマ。

シンプルで個人的には気に入っています。

まず、Icons and gtkrc files, all architecturesと、自分のディストリビューションに合ったテーマファイルをダウンロードします。

今回はUbuntu9.04にインストールしたのでGTK2 engine, Ubuntu 9.04 x86というやつですね。

ダウンロードしたら、インストールしていきます。

このテーマファイルの場合、DEBパッケージ形式で配布されていますので、アイコンテーマから順にインストールしていきます。


sudo dpkg -i nimbus-icon-theme_0.1.4-2_all.deb
sudo dpkg -i gtk2-engines-nimbus_0.1.4-2_i386.deb



インストール出来たら、外観の設定から、インストールされたテーマ、Nimbusを選択します。

参考程度に、上記の設定をしたデスクトップのスクリーンショットを載せておきます。

Screenshot20100520.png




追記:

ずいぶん前の物(Ubuntu8.10時代)のものですが、過去のスクリーンショットがあったので参考に張ってみます。

過去の自分と今の自分の、あまりの好みの違いに笑ってしまいました…

screenshot_veryold.png

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。