スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu11.04にpLaTeXインストール

Ubuntu 11.04pLaTeX(←正しい表記ではありません)をインストールしました。
とりあえず時間がないので本当に覚書。


詳しく調べてませんが、Ubuntuのバージョンによりちょっとずつ違うようです。
うまくいかない場合はここで聞かずにGoogle先生に聞くか、Ubuntu日本語フォーラムにでも行って聞いてください。

また「TeXLaTeXpLaTeXと何がどう違うの?」等も、僕は知りません(爆)
自分で調べてください。



とりあえずインストール。
ptex-binのインストールでtex関連のパッケージも一緒にインストールされます。


sudo apt-get install ptex-bin
sudo apt-get install ptex-jtex



これでOK。
コンパイルはコマンド打つだけなんですが、Ubuntuで何も考えずに文書を作ると文字コードがUTF-8になります。
UTF-8で書かれた.texファイルはコンパイル出来なくはないですが、盛大に文字化けします。
ので、文字コードをEUCに変更しましょう。
過去のエントリでも書いていますが、変更はコマンドラインから

nkf -e --overwrite input.tex


で出来ます。
nkfが未インストールの場合は

sudo apt-get install nkf


でインストール出来ます。

文字コード(そしてもちろんpLaTeXの文法)がちゃんとしていれば、以下のコマンドでコンパイル出来ます。

platex input.tex


ここで、

tex input.tex

とか
ptex input.tex


などのコマンドと混同しないよう注意してください。
それぞれの詳細については……知りません。
また、EUCにエンコードしてコンパイルするため、文法エラー等があった場合などは日本語が文字化けした状態で表示されます(要するに読めません)が、コンパイル自体に支障ありません。

ちゃんとコンパイルが通ったら、TeXファイルと同名のDVIファイルができています。
ので、これを確認します。
ビューワー(xdvi)はptex-binインストール時に一緒にインストールされているはずです。

xdvi input.dvi


と、ここで文字化け発生。
なぜか文字化けしたままでもPDF変換すると文字化けが解消されましたが、編集する度に変換は非常に面倒です。
ということで、aptでそれっぽいパッケージを入れてみます。

sudo apt-get install xdvik-ja


再度DVIファイルを開いてみると無事日本語が表示されました。
よかったよかった。



で、仕上げにPDF変換します。

dvipdfmx input.dvi


先ほど生成されたDVIファイルをPDFファイルに変換します。
生成されたPDFファイルはPDF用ビューワーで閲覧できます。
大抵の人は導入済みかと思いますが、一応。

sudo apt-get install adobereader-jpn
sudo apt-get install adobereader-jpn-ipamonafont


閲覧は

acroread input.pdf


で出来ます。
LINUXで利用できるPDF閲覧ソフトは他にもありますが、Windowsと併用する人なんかはやっぱりAdobeReaderが使いやすくていい気がします。



以上、かなり適当なpLaTeX覚書。


==============================================

【2012.1.22 追記】

論文を\chapterで章立てして書くために日本語用クラスファイルjsbookを使おうとしたらコンパイル通らなかったり文字化けしたりしました。

okumura-clsfilesというパッケージのインストールで解決しました。


【2012.1.31 追記】

論文中にプログラムのソースコードを載せるのに、listings, jlistingというクラスを使います。

まずlistings。詳細はこちら。
http://www.atscire.de/index.php?nav=products/listings

まず必要なファイルを取得します。

http://www.atscire.de/index.php?nav=download&file=listings-1.3.zip


このzipファイルは解答するとディレクトリができるのではなく複数のファイルがばらばらとできあがりますので、インストール用に一時ディレクトリを作成します。
(下記ではディレクトリ名tmp)

手順としては、
1. 追加するデータ用ディレクトリ作成
2. 作業用ディレクトリ作成
3. そこにデータ解凍
4. 必要なファイルを作成したディレクトリに移動
5. pLaTeXに反映

まとめて書いてしまうとこうなります。
(まとめてと言うより単に.bash_historyのコピペですが...)

sudo mkdir /usr/share/texmf/ptex/listings/
mkdir tmp
mv listings-1.3.zip tmp/
cd tmp/
unzip listings-1.3.zip
platex listings-1.3.ins
sudo cp *.sty /usr/share/texmf/ptex/listings/
sudo cp *.cfg /usr/share/texmf/ptex/listings/
sudo mktexlsr
cd ../
rm -rf tmp/


さらに、日本語化するためにjlistingを設定します。
まずはダウンロードします。

http://sourceforge.jp/projects/mytexpert/downloads/26068/jlisting.sty.bz2/


インストールはlistingsと基本的に同じです。

mkdir tmp
mv jlisting.sty.bz2 tmp/
cd tmp/
bzip2 -d jlisting.sty.bz2
sudo cp jlisting.sty /usr/share/texmf/ptex/listings/
sudo mktexlsr
cd ../
rm -rf tmp/

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。