スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu11.04でWLI-UC-GNを使う

自宅のメインマシンにもUbuntu11.04をインストールしました。

ネットワークアップグレードをしようと試みたものの、失敗。

どうもグラフィックドライバ関係の問題のようで。

軌道の途中、"Checking battery state [OK]" という文字列を吐いたのち固まり、動かず。

同じ症状にぶつかった人はたくさんいる用なのですが、いまいち解決方法が分からず。


開き直って11.10をクリーンインストールしようと試みたものの、これも失敗。

最初はブートローダがインストールできないと言い張り、ブートローダを初期化して再挑戦したら今度はインストーラがクラッシュしたと言い張り、結局インストールできませんでした。

その過程でUbuntu10.10は削除してしまったので、Linux環境が無く、やむを得ず11.04をクリーンインストール。


これは何とかインストール&再起動にも成功。


しかし、


無線転送速度が尋常じゃなく遅い!!

ほとんど常に下り1KB/sを切っており、パッケージアップデートもままならない。

Dropboxをインストールしようにもダウンロードに数時間はかかりそうな予感。


なんか辺だなーと思っていて、ふと思い出しました。

そういえば10.10にアップグレードしたときも無線に不具合が。

あの時は完全に切断されてしまっていたので躍起になって解決法を探したのですが、今回は以上に遅い、という中途半端な症状だったためすっかり忘れていました。

無線の接続状況を見てみると、10.10アップグレード時にblacklistに追加したドライバが生きていました。

ので、10.10アップグレード時と同様、このドライバをblacklist追加で無効にし、再起動したところ、無事普通の速度で使えるようになりました。

どうせなら"接続できない"とかのほうがわかりやすいのに。


というわけで、手順は以前のエントリ、"Ubuntu10.10でWLI-UC-GNを使う"と同様です。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。