スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu11.04のディレクトリ補完

Ubuntu 11.04 をインストールして使い始めました。

Unityは使い勝手最悪だったので早速やめました。

アップグレードによるメリットは今のところ一つも見つかりません。



さて、それはさておき、11.04ではコマンドのディレクトリ補完がおかしいです。

まったくもって迷惑にもほどがある意味不明な仕様です。

mv とか cp といったコマンドを打つとき、Tabキーでディレクトリ補完を行います。

普段からコマンド操作している方はクセになっているかと思いますが、11.04ではなぜかこの補完時、補完したディレクトリ名の最後に半角スペースがくっつく仕様になっています。

これでは従来のようなスムーズなディレクトリ遷移ができず、Tabの利便性が死んでしまいます。


どうもこれは、一部のコマンドに適用されている仕様らしいです。

ですので、普通のTab仕様に戻したいコマンドを一部のコマンドから外すことで対処します。


sudo gedit /etc/bash_completion


ファイルを開いたら、以下の部分を探します。

僕の環境では1580行目にありました。

見つからない場合は[Ctrl] + [F]で適当なワードを入力して検索してください。

for i in a2ps awk bash bc bison cat colordiff cp csplit \
    curl cut date df diff dir du enscript env expand fmt fold gperf gprof \
    grep grub head indent irb ld ldd less ln ls m4 md5sum mkdir mkfifo mknod \
    mv netstat nl nm objcopy objdump od paste patch pr ptx readelf rm rmdir \
    sed seq sha{,1,224,256,384,512}sum shar sort split strip tac tail tee \
    texindex touch tr uname unexpand uniq units vdir wc wget who; do
    have $i && complete -F _longopt -o default $i
done


この中から、変な補完されるとイヤなコマンドを削除します。

mv, cp, lessとか、ディレクトリ補完を使うものですね。


これで今までどおりのTab補完が戻って、すごくすっきりです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。