スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AdobeReader9での日本語の文字化けを解消する

Adobe Readerのインストール方法をご紹介しましたが、このままだと日本語を表示する際に日本語が「」に化けてしまいました。

どうもこれはWindowsのフォントをインストールする方法に関連したバグのようです。

Ubuntuフォーラムでも紹介されています。



まず、Adobe Readerは、PDFファイル内にMSゴシックが使用されている場合、

a) システムにmsgothic.ttcがある場合はmsgothic.ttcを使用
b) msgothic.ttcが無い場合はKozGoProVI-Medium.otfで代替

という処理を行うそうです。

ここで、Adobe Reader 9.1.2においてa)の処理にバグがあることが原因で、文字化けが起こるようです。



したがって、システム標準のフォントのみを利用し、Windowsのフォントをコピーして利用する事をしなければ、ちゃんと表示されます。


MSフォントにこだわるのでなければ、Windowsからコピーしたフォントを削除したのち、

fc-cache -fv


でフォントのキャッシュを更新すれば正しく表示されます。



何らかの理由でMSフォントを利用したい場合、以下の方法で解決できます。

1. ここからAdobeReader_jpn-8.1.6-1.i486.tar.gzをダウンロード

2. 解凍

tar zxvf AdobeReader_jpn-8.1.6-1.i486.tar.gz


3. 解凍してできたAdobeReaderディレクトリ内のCOMMON.TARを解凍

tar xvf COMMON.TAR


4. 解凍してできたディレクトリ内のファイルAdobeReader/Adobe/Reader8/Resource/CIDFont/KozGoProVI-Medium.otf/opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/へコピー

sudo cp AdobeReader/Adobe/Reader8/Resource/CIDFont/KozGoProVI-Medium.otf /opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/


5. 環境変数を設定

~/.bashrcに以下の一行を追記

#ACRO_DISABLE_FONT_CONFIG
export ACRO_DISABLE_FONT_CONFIG=1


6. 変更を反映

source .bashrc




再度、MSゴシックを含んだPDFファイルを開いてみてください。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。