スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定(2)-日本語のディレクトリ名を英語に

Ubuntuインストール語にしておくと良い設定がいくつかあります。

筆者自身、複数のマシンにUbuntuをインストールする場合などに概ねいつも同じ設定をします。

ここでは、多くのユーザが共通して設定しておくとよさそうな項目を、順に紹介していきます。

まずはディレクトリ名の更新から。


Ubuntuでは、ホームディレクトリにあらかじめいくつかのディレクトリが用意されていますが、それらの名前がすべて日本語になっています。

Windowsのように基本GUIで利用するユーザなら困ることもないかもしれませんが、コマンド操作を基本とするユーザにとってはとても不便ですね。

しかしこれらのディレクトリ名は自分で作成したディレクトリとは異なり、手動でリネームしても元の名前に戻ってしまいます。


この日本語ディレクトリ名を英語に変更するには、

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


というコマンドを実行してやります。

するとウィンドウが出てきて「本当に変更しちゃっていいの?」という旨の事を聞いてきます。

Don't ask me this againにチェックを入れ、Update Namesをクリックします。


これでディレクトリ名が英語に変わります。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。