スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBR(マスターブートレコード)のバックアップ

MBR(マスターブートレコード)のバックアップ方法を簡単にメモっておきます。

USBメモリ外付けHDDUbuntuをインストールするのは便利ですが、インストール時のMBR破壊はやはり怖いです。

本来は常日頃から(?)バックアップを取っておくべきなのかもしれませんが、おそらくほとんどの方は(少なくとも自分は)ブータブルメモリの作成でもしないとMBRのバックアップなんてしないのでこちらのカテゴリでご紹介。


バックアップはddコマンドで行います。

筆者のPCではバックアップしたいHDD/dev/sdaだったので以下そのように記述します。

MBRのバックアップの場合sudoをつけないとエラーが出て実行できません。


$ sudo dd if=/dev/sda bs=512 count=1 of=mbr.backup



これでmbr.backupという名前でバックアップファイルが作成されます。

ddコマンドのオプションは以下のとおりです。


if :入力ファイル(バックアップしたいディスク)
of :出力ファイル(任意に変更可)
bs :ブロックサイズ
count:ブロック数



bs=512というのは、/dev/sdaの先頭の512bytesを意味します。

これはパーティションテーブルを含めたMBR全てをバックアップする、ということです。

パーティションテーブルを含めない場合、bs=466とします。



作成したバックアップファイルからMBRを復元したい場合は再びddコマンドで書き込んでやります。


sudo dd if=mbr.backup bs=512 count=1 of=/dev/sda



要するに入力ファイル出力ファイルが逆になるだけです。




MBRのバックアップを考える場合、最悪OSが起動しなくなった場合まで想定し、作成したバックアップファイルは外部ストレージに保存しておくようにしましょう。

USBメモリなどですね。

せっかくバックアップしても読み込めないHDDの中に保存してあってはまったく無意味ですので。
スポンサーサイト

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。