スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu11.04でWLI-UC-GNを使う

自宅のメインマシンにもUbuntu11.04をインストールしました。

ネットワークアップグレードをしようと試みたものの、失敗。

どうもグラフィックドライバ関係の問題のようで。

軌道の途中、"Checking battery state [OK]" という文字列を吐いたのち固まり、動かず。

同じ症状にぶつかった人はたくさんいる用なのですが、いまいち解決方法が分からず。


開き直って11.10をクリーンインストールしようと試みたものの、これも失敗。

最初はブートローダがインストールできないと言い張り、ブートローダを初期化して再挑戦したら今度はインストーラがクラッシュしたと言い張り、結局インストールできませんでした。

その過程でUbuntu10.10は削除してしまったので、Linux環境が無く、やむを得ず11.04をクリーンインストール。


これは何とかインストール&再起動にも成功。


しかし、


無線転送速度が尋常じゃなく遅い!!

ほとんど常に下り1KB/sを切っており、パッケージアップデートもままならない。

Dropboxをインストールしようにもダウンロードに数時間はかかりそうな予感。


なんか辺だなーと思っていて、ふと思い出しました。

そういえば10.10にアップグレードしたときも無線に不具合が。

あの時は完全に切断されてしまっていたので躍起になって解決法を探したのですが、今回は以上に遅い、という中途半端な症状だったためすっかり忘れていました。

無線の接続状況を見てみると、10.10アップグレード時にblacklistに追加したドライバが生きていました。

ので、10.10アップグレード時と同様、このドライバをblacklist追加で無効にし、再起動したところ、無事普通の速度で使えるようになりました。

どうせなら"接続できない"とかのほうがわかりやすいのに。


というわけで、手順は以前のエントリ、"Ubuntu10.10でWLI-UC-GNを使う"と同様です。
スポンサーサイト

Ubuntu11.04のディレクトリ補完

Ubuntu 11.04 をインストールして使い始めました。

Unityは使い勝手最悪だったので早速やめました。

アップグレードによるメリットは今のところ一つも見つかりません。



さて、それはさておき、11.04ではコマンドのディレクトリ補完がおかしいです。

まったくもって迷惑にもほどがある意味不明な仕様です。

mv とか cp といったコマンドを打つとき、Tabキーでディレクトリ補完を行います。

普段からコマンド操作している方はクセになっているかと思いますが、11.04ではなぜかこの補完時、補完したディレクトリ名の最後に半角スペースがくっつく仕様になっています。

これでは従来のようなスムーズなディレクトリ遷移ができず、Tabの利便性が死んでしまいます。


どうもこれは、一部のコマンドに適用されている仕様らしいです。

ですので、普通のTab仕様に戻したいコマンドを一部のコマンドから外すことで対処します。


sudo gedit /etc/bash_completion


ファイルを開いたら、以下の部分を探します。

僕の環境では1580行目にありました。

見つからない場合は[Ctrl] + [F]で適当なワードを入力して検索してください。

for i in a2ps awk bash bc bison cat colordiff cp csplit \
    curl cut date df diff dir du enscript env expand fmt fold gperf gprof \
    grep grub head indent irb ld ldd less ln ls m4 md5sum mkdir mkfifo mknod \
    mv netstat nl nm objcopy objdump od paste patch pr ptx readelf rm rmdir \
    sed seq sha{,1,224,256,384,512}sum shar sort split strip tac tail tee \
    texindex touch tr uname unexpand uniq units vdir wc wget who; do
    have $i && complete -F _longopt -o default $i
done


この中から、変な補完されるとイヤなコマンドを削除します。

mv, cp, lessとか、ディレクトリ補完を使うものですね。


これで今までどおりのTab補完が戻って、すごくすっきりです。

Ubuntu10.10でWLI-UC-GNを使う

Ubuntu10.10でBUFFALOの無線LAN子機WLI-UC-GNを利用します。

Ubuntu10.10では標準で用意されているドライバで認識・接続可能です。

しかし、接続してしばらくすると切断され、パスワードを入力しても接続出来ない状態に。


僕の場合、無線キーボードのレシーバと干渉したりしてるのかと思い、ダメ元でチャネル変更などしてみたら、一時的につながるのですが、結局しばらくするとまた切断されてしまいました。

どうもドライバに問題があるようで、不適切なドライバをブラックリストに加えてやることで解決するようです。



まず設定ファイルを追加します(既存のファイルに追記でも構いませんがあとで変更がわかりやすいよう僕は新規ファイルを作成します)

sudo vim /etc/modprobe.d/wli-uc-gn.conf


そして以下の一行を追加します。

blacklist rt2800usb



保存したら再起動すると有効になります。

これでとりあえず無線LANがつながりました。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

設定(8)-Windowsフォントのインストール

Linux上で、Windowsで普段使っているフォントを利用する方法をご紹介します。


※今回はWindowsUbuntuのデュアルブート構成のPCで設定しましたが、ライセンス等に関しては各自確認の上、自己責任の元、設定してください。


基本的にはIPAフォントをインストールする方法と同じです。


まずフォント用のディレクトリを作成します。

他のフォントのインストール等で既に作成済みであれば必要ありません。

mkdir ~/.fonts



次にWindows用のフォントを置くディレクトリを用意します。

mkdir ~/.fonts/MSfont



ディレクトリが用意できたらフォントをインストールします。

デュアルブートになっているので、Windows領域に直接アクセスしてデータを移します。


まずWindowsがインストールされているパーティションをUbuntuでマウントします。

今回の例では、

Windowsパーティション: /dev/sda2
マウントポイント   : /media


として進めます。


sudo mount /dev/sda2 /media



マウントしたらフォントをコピーします。

sudo cp /media/WINDOWS/Fonts/ms* ~/.fonts/MSfont



この操作でコピーされるのは、msgothic.ttcmsmincho.ttcの二つです。

これが、MS ゴシックMS 明朝MS P ゴシックMS P 明朝、の四つに当たります。


ファイルがコピーできたら、フォントのキャッシュを更新します。

fc-cache -fv



これでインストール完了です。

Openofficeなどで確認してください。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

設定(7)-IPAフォントのインストール

Linuxにはある程度のフォントは用意されていますが、IPAフォントをインストールしてみます。

http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/index.html

ここから必要なフォントをダウンロードします。

今回はIPA Fonts ver.34書体パックをダウンロードしました。


フォント用のディレクトリを作成します。

mkdir ~/.fonts


fontではなく.fontsであることに注意してください。


ダウンロードしたファイルを作成したディレクトリに移動し、展開します。

unzip IPAfont00302.zip



あとはフォントのキャッシュを更新します。

fc-cache -fv



これでインストール完了です。

あとはOpenofficeなどで確認してください。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

最新記事
カテゴリ別 記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。